TOP > 半夏生 読み
 ← 小池百合子 ウィキペディア | TOP | google scholar

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


半夏生 読み 

2007年07月05日 ()
「半夏生には蛸を食べる」という関西地方の風習は、いつごろ制定されたのでしょう...
「半夏生には蛸を食べる」という関西地方の風習は、いつごろ制定されたのでしょうか。(続きを読む)


「半夏生」...読み方がわかりません。大至急教えてください。
「半夏生」…読み方がわかりません。大至急教えてください。(続きを読む)


「7/2(日)は半夏生(はんげしょう)、たこをたべよう」と今日のスーパーのチラシに出...
「7/2(日)は半夏生(はんげしょう)、たこをたべよう」と今日のスーパーのチラシに出てます。「夏至から11日目のことを言い、一部の地域ではたこを食べる習慣があります。」あまり関東では関係ない習慣と思いますが、たこを食べると何か良いことがありますか?夏場のたこ焼きの普及かな?(続きを読む)



『半夏生』 -心に残ったことばたち その9-
7月2日は七十二節気の一つの「半夏生(はんげしょう)」だそうです。 この写真は花の「半夏生」です。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用しました。 この日は天から毒気が降るといわれ、外出が禁止されたり、取れた野菜や草木を ...(続きを読む)


半夏生
ややや、いつの間にやら、時はすでに半夏生。我が庵の半夏生(別名片白草)も、先の葉を白く染めて、化粧をしておりました。 今週末は乞巧奠。お供え物の準備をして、梶の葉も手配しなくっちゃ、と。 充実した日々とは、存外、気ぜわしいものです。 ...(続きを読む)


半夏生
今日は、二十四節気の一つ半夏生(はんげしょう)です. 夏至と七夕の中間でもあります. 半夏生に、こちらでは蛸を食べる風習があると聞きましたが. 福井県大野市では、焼き鯖を食べる風習があるそうな!? 農家にとっては大事な節目の日で、この日までに ...(続きを読む)



半夏生にうどんを-買い物客を無料接待
四国新聞
県内の農家では田植えを終えた半夏生にうどんを食べて休息する習慣があり、半夏生になることが多い7月2日を同組合が「さぬきうどんの日」に制定。接待は26回目を迎え、初夏の風物として親しまれている。 小雨にもかかわらず、午前11時の開始前から約120人が長い ...(続きを読む)


梅雨折り返し白のサイン 名東区で「半夏生」しっとりと
中日新聞
2日は、暦の上で夏至から11日目に当たる「半夏生(はんげしょう)」。梅雨の後期に入る目安ともされ、東海地方はこの日朝から各地で弱い雨がぱらついた。 日本気象協会によると今週は半ばまで雨の予報。以降もぐずついて晴れ間は期待できず、梅雨らしい天気になりそう ...(続きを読む)


元気の源 半夏生サバ
福井新聞
夏至から数えて11日目の2日は「半夏生(はんげしょう)」。サバの丸焼きを食べる風習が江戸時代から受け継がれる大野市では、鮮魚店の軒先からサバを焼く香ばしい煙が漂った。 同市本町の老舗、大亀屋では店主の平辻博美さん(65)が午前3時から準備に当たり、店先 ...(続きを読む)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.07.05(Thu) 02:37] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 小池百合子 ウィキペディア | TOP | google scholar

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。